月別アーカイブ: 2015年3月

ある人がいいました。

ある人がいいました。

『結婚する時に一番必要なのはなんですか?』

ある人は答えました。

『結婚する時に一番必要なのはユーモアです』

ある人は言いました。

『愛不足です』

ある人は答えました。

『愛情不足なら言葉としてあるけど愛不足って。。』

ある人は言いました。

『結婚したいんです』

ある人は心の中で言いました。

『あなたをもっと、、、、必要としてくれる人がきっといるハズです』

幸せになりましょう!

はい。また意味わからんこと書いてしまいました。

ちゃんちゃん! 完

十字架。

久しぶりの更新。
タイトルからしてちょっと重そうな感じですが笑

わたくしごとですが結構本が好きでして、1ヶ月にペースが良いときは10冊くらい本を読みます。
良い本があれば紹介していきたいなと思いまして。
で、今回は『十字架』というタイトルの本です。
作家は流星ワゴンの重松清さん。

テーマは『いじめ、自殺』ネガティブ要素満載です。
十字架と言えばかつてイエスキリストが十字架に磔にされた絵が思い浮かぶと思いますが、
その描写はまるで十字架を背負っているように見えますよね?
背負うっていう言葉もこの物語にはとても重要な言葉になります。

この物語を読んで感じたこと。

子供を信じたい。
子供を守りたい。
過ちは一生背負っていかないといけない。
なにかを止めたところで事実は一生消えないから。
見て見ぬ振りだけはしたくない。
かと言って自分を危険にさらしたくない。←批判されるかもですが本音です。
自分は弱い。臆病者だ。
優しくなりたい。。。。。。。

・・・・・・・・・・・・・

んー、何が書きたいのかわからなくなってきました。。。
読み終えたときのあの感覚がまぁなんともいえない感じで。。
ちょっと今の自分にはまだ背負いきれる題材じゃなかったのかもしれません。
でも感じたことはあるんです。
中途半端ですみません。
機会があったら読んでみて下さい!